コロナの緊急事態宣言によって予定していたセミナーや教室を開くことができず、仕方なくZOOMの使い方講座を学んで何とか急場をしのいだ先生方も多いかと思います。

実際にZOOMを使ってみて、ビジネス的にいかがでしたか?

これまでリアルで最高のパフォーマンスを発揮してきた先生は、思ったほどZOOMは使えない!とガッカリしておられるのではないでしょうか?

これはZOOMのシステムが悪いわけではなく、ZOOMの基本的な機能だけで全業種のオンラインレッスンをカバーしようとするところに無理があるのです。

カメラひとつ取っても、高画質なWEBカメラを使うのがノウハウと信じられています。

ロイヤリティフリーの画像販売サイトで検索するとよくわかりますが、ライブ配信というキーワードで出てくる海外の画像はすべて一眼レフなどデジタルカメラを使っています。

日本ではせいぜい、iPhoneを使って手元の作業を映し出しているのが精一杯です。

ひととおりZOOMの開催に慣れてきたら次は欧米のように、ウェビナーをリッチに演出して受講生を楽しませるウェビナー運営にそろそろチャレンジしてみてはいかがですか?

ZOOM配信に限界を感じている先生方に、本講座は必ず役立つ画期的なノウハウになると信じています。

⇒【Udemy】ウェビナー講師のためのリッチなZOOM画面レイアウト講座

無料ウェビナーはこちら